葬式の値段

いつお墓を建てれば良いか分からない。その様なお悩みをお持ちならプロに任せましょう。埼玉の霊園なら安心サポートがついています。

京都で永代供養をしているのがココとなります。様々なところに広告を提示していることから、たくさんの人が利用しているでしょう。

基本プランとその他の費用

葬式は通夜と葬儀と告別式で構成されます。そしてそれらをまとめてかかる費用が葬儀費用です。葬儀費用の基本となるのが「基本プラン」です。基本プランは葬儀のランク、形式別に組まれています。「一般葬」なら100万円〜200万円、「家族葬」なら50万円前後、「団体葬」なら200万円、「直葬」なら25万円前後といった感じです。 この基本プランの費用の他に、飲食代、接待代、お布施代、戒名料などが必要になります。飲食代は通夜の時の通夜通しにふるまう食事やお酒代、告別式のお弁当代などです。料金は参加する人数に左右されます。 僧侶に支払うお布施代は、地域によって差があるようです。基本的には20万円くらいが相場となっています。

低コストでできる葬儀

最近は葬儀が多様化してきていて、低コストで行えるプランが人気です。無宗教葬という葬儀もあります。無宗教葬は宗教にとらわれずに行うもので、僧侶を招かないため、僧侶や寺院に支払うお布施代をカットできます。また、事前に家族で密葬だけ済ませて、あとでホテルのパーティー会場などで「お別れ会」を開くケースもあります。 安くできる葬儀の代表といえば直葬です。直葬とは、家族、身内、場合によっては友人・知人たちを集めて、火葬場で火葬をするだけの葬儀のことを言います。昔は経済的な理由から火葬だけする人が多かったですが、今は身内がいなかったり、なるべく葬儀に時間をかけたくなかったりする人が直葬を選んでいる傾向があります。

安心の明朗会計で、追加料金の心配はありません。遺品整理を横浜で行なう時は、ココに依頼すると便利ですよ。

都内にお墓を作りたいときは希望することで建てることができます。様々な霊園からその人に合う場所を探してみましょう。

大阪で葬儀を開く際は、専門のプロに相談してみましょう。遺族の負担が少ない形で葬儀を取り仕切ってくれます。

遺品を整理する

故人が残した遺品を整理するのは非常に手間がかかります。遺品の量が多ければ多いほど遺族の負担が大きくなります。また、遺族がいない場合などもあり、そのような場合は遺品整理業者に頼りましょう。

» 詳しくはこちら

霊園を利用する

近年は、生前から霊園のお墓を購入するという方が増えています。遺族に少しでも負担を掛けたくないという配慮からです。購入するにはまとまったお金が必要になります。様々な霊園の中から少しでもお得に購入できるようにしましょう。

» 詳しくはこちら

お墓を綺麗に

日本は先祖崇拝の国です。ご先祖様に喜んでもらうためにお墓を綺麗に掃除します。墓石は年月を重ねるとしつこい汚れなどが付着します。そのような際は専門業者に墓石クリーニングを行なってもらいましょう。

» 詳しくはこちら

需要高まる遺品整理

親子世帯が離れて暮らすことが多くなっている昨今で、両親が亡くなった際の遺品整理に困ってしまうことがあります。そのような時には遺品整理の業者を利用しましょう。不用品を処理しつつ価値のある物を売却することができます。

» 詳しくはこちら

Page Top